高血圧 治療費

高血圧の治療費

高血圧の治療費について

病院への通院というのは、結構お金がかかるものです。高血圧ではないのですが、私も腱鞘炎を患っていたとき、1ヶ月で数万円のお金が消えました。腱鞘炎と違うのは、高血圧はほとんど一生の付き合いになる、ということです。
もちろん生活改善などで症状が鎮火し、その状態を長く続けられるひともいますが、多くのひとが、「降圧薬は一回使い始めたらやめられない」と感じているでしょう。では高血圧にかかる治療費というのはどれくらいなのでしょうか?
基本的には、1ヶ月で1000円〜2000円くらいです。1年で2万円くらいですね。こうきくと、「なんだ、たいしたことないじゃない」と思いますよね?実際、高血圧でなくても、腰痛治療などでこれくらいかけるひともいると思います。

見えない「治療費」の恐怖

しかし高血圧の場合、「高血圧をわずらうことによって起こりうる確率の高くなる疾病」の治療費がひそんでいます。たとえば心筋梗塞や脳卒中、心不全ですね。このような症状で倒れてしまうと、治療費は比べようがないほどかさみます。高血圧というのは、ただ単に「高血圧の治療」だけに費用がかかるのではなく、このように、「今はなっていないけど、これから先かかるかもしれない病気」への費用を計算しなければならない、ということにほかなりません。こう考えると、高血圧を放置することの危険性がわかるでしょう。健康だけでなく、お金にも大きなダメージがあるのです。